ハイドローのゴルフ練習方法

oshare
ゴルフにおいてもっとも飛距離が出るショットがハイドローだと私は考えますが、
最近の日本のゴルフ界ではあまり聞かなくなりました。

ゴルフのレッスン書などもパワーフェードを打つ練習方法は記載されていても
ハイドローの練習方法はほとんど見かけません。

しかし、ある程度ゴルフに慣れてきたら、ドライバーで最大の飛距離を打つためにこのハイドローを打つ練習方法も覚えておいても良いかも知れません。

ダウンスイングで左手の甲を意識した練習方法

ドライバーでフックボールを打つにはアウトサイドインの軌道は絶対に禁物と言うことは今までゴルフを学んでこられた方はすでにご存知だと思います。

しかしゴルフでハイドローを打つ場合インサイドアウトに振る感覚よりもダウンスイングで左手の甲が通常よりも早く地面に向くように返る意識を持つ練習方法が肝心です。

いつもよりもヘッドの返りを早く返すイメージで練習します。

フィニッシュが高い位置になるような練習方法

ハイドローは通常のドライバーショットよりもさらに高い弾道を打ち出すため、いつもよりもアッパーブローで打つ練習方法が必要となります。

しかしゴルフではあまり大袈裟なことをしないのが大事ですので、大きくすくい打つのではなく通常よりも高い位置でフィニッシュを迎えるような練習方法がこのゴルフでは効果的だと感じます。

フィニッシュの位置を高くすることで大きく球を打ち上げることが出来ますがこの時のフィニッシュは首に巻き付くようなフィニッシュではなく、後頭部にゴルフシャフトが当たるような高さでフィニッシュを迎えます。

もうひとつはゴルフクラブを縦に振る感覚も大事です。

いつもの寝たスイングプレーンを少し縦にした状態でスイングします。

基本で学んだゴルフクラブを縦に振る感覚をもう一度思い出して
ハイドローを打てるように基本の練習方法を思い出してみましょう。