安定したドライバーショットのゴルフ練習方法

samazamana
これはゴルフをする者にとっては永遠のテーマでもっとも難しい練習方法かもしれません。

なぜならばドライバーというのはゴルフの中でももっともスライスが出やすい(出るように)ように出来たクラブだからです。

プロゴルファーでも上級者でも正しい練習方法で毎日ゴルフの練習していても微妙にスライスになっているゴルファーも多いのです。

ストレート球を打っているつもりでもサイドスピンが微妙に掛かっているためです。

これを抑止した曲がりの少ない球を打つ練習方法はスローテンポの意識と体の中心にセットしたボールを正確に捕まえるゴルフの練習方法が有効ではないかと思います。

振り遅れを防ぐ練習方法

ドライバーのスイングはゴルフクラブの中でもアッパーに打つ感覚なので振り遅れは致命的なミスに繋がる原因になります。

前項で説明したインサイドインで打つ練習方法で再度ゴルフスイングの確認をしたら連続素振りでゴルフクラブがしっかり遅れずに回転しているかスローテンポに確認してください。

何度も言いますがゴルフではドライバーが一番回転に時間を要するので、よりゆっくりとスイングする練習方法が肝心です。

中心に置いたボールを打つ練習方法

しっかりと球を捕まえる練習方法で効果的なのが体の中心にゴルフボールをセットしたアドレスからのショットです。

真ん中にあるので振り遅れでも振り急ぎでも球が捕まってくれません。

真ん中と言うことはドライバーが一番最下点に来る手前の位置です、そこから上昇気味になったところでインパクトするのが実際のドライバーショットですのでフェースコントロールがしっかりと出来ていないとチーピン、引掛け、どフック、スライス、ホームランなんでもありの状態になってしまいます。

真ん中にセットしたままハーフスイングで打つ練習方法も球を捕まえてまっすぐに飛ばす練習方法として効果的です。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大