左肩が上がる癖を治すゴルフ練習方法

samazamana
ゴルフのアドレスでもっとも多く見かけるのが左肩が異様に上がった構えになっている人ではないかと感じます。

このアドレスで正しいゴルフの練習方法を実践してもスイングを変則的にしてしまうだけです。

なぜ正しいアドレスの練習方法で左肩が高くなりすぎた構えになってしまうのか、それはゴルフクラブのグリップに大きな原因があるのだと私は考えます。

ほとんどのゴルフのレッスン書に書いてある練習方法だと握り方は書いてあっても肩の平行感覚などは書かれていないのが現状です。

ゴルフの基本の練習方法で説明した通りにアドレスすると両手をぶらんと垂れ下げた時にヒジの位置は同じ高さですが、実際クラブを握る時は左手が上になったグリップになるので腕から左肩まで一直線に握るため左肩が極端に上がった状態になるのだと思います。

左手からグリップする練習方法

ゴルフでは左肩が上がった状態でスイングすると左肩がアゴの下に入り込めずにボディーターンで発生させるパワーが出せないだけか、ゴルフクラブがダウンブローに降りて来ません。

これを治す練習方法で良いのは左腕からセットする方法です。

左腕をセットした時の左肩の高さは絶対に変えないように右手のグリップの練習方法に入ります。

両肘にゆとりを持つ練習方法

左肩が上がってしまうゴルファーの特徴は両腕のヒジが完全に突っ張って伸びきった状態にある方が多いと感じます。

ゴルフはヒジにゆとりを持たせる様な練習方法でないとアドレスの悪さはおろか、腕をムチのようにしならせることが出来ないからです。

さらにもう一つのポイントはゴルフでは両肘は空を見上げたアドレスになることが大事なのです。

ヒジの向きが横を向いていたり被るような構えはゴルフでは大きなミスとパワーロスになりますので必ず上を見上げた状態でアドレスするような練習方法で実践しましょう。