どうしてもダウンブローに打てない時のゴルフ練習方法

samazamana
間違った練習方法でゴルフを始めて長年ゴルフを続けているとどうしても癖と言うのは染み付いてしまいます。

知人にもそのような練習方法でスイング練習をしてきたためにゴルフが安定しないで悩んでいる人間が多くおり、そのようなゴルファーに共通するのが間違ったアドレスとすくい打ちのためダウンブローに打てていない事です。

そのような時に私がアドバイスするのはなんと言ってもアドレスの練習方法からやり直しをさせる事です。

しかし、ゴルフですくい打ちの感覚は頭の中に固着しやすいので改善させる練習方法が必要となってきます。

パンチイメージの練習方法

すくい打ちされてる方はボールを上げようとするイメージが強烈にあるためゴルフの感覚そのものを矯正しなければなりません。

それに適した練習方法はパンチショットの要領に似てますが、ゴルフボールにインパクトする時に完全にゴルフクラブを止める意識を持っでスイングしてみるのです。

インパクトで止めても絶対にゴルフクラブは急停止する事は出来ないはずです。

これでスライスしないでしっかりとインパクト出来るようになればかなりダウンブローで打てているはずで、すくい打ちの感覚では引っ掛けるか弱々しいスライスが出てパンチショットは打てないのです。

体の中心より左サイドを意識する練習方法

すくい打ち感覚のゴルフイメージは体の中心より右に意識があることが考えられます。

正しい練習方法でゴルフスイングが出来ていないのもあるでしょうが、体の中心より左サイドを意識したゴルフの練習方法が効果的です

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大