アプローチでザックリを直すゴルフ練習方法

samazamana
ゴルフではアプローチ、特にグリーン周りでこの「ザックリ」をやらかしてしまう事が本当に多いです。

何もゴルフ場だけで無く、ゴルフ練習場でもいつも通りの練習方法で練習しているにも関わらずボールの手前をドンッとやってしまい大事な1打を無駄にしてしまう事があります。

これの原因はグリップが緩んでしまうのと手打ちになってしまう事が考えられます。

特にゴルフ場ではグリップの力が緩みやすくなるので、アプローチの感覚になれる意味でも正しい練習方法で改善しましょう。

グリップの緩みを改善する練習方法

なぜ正しい練習方法で練習しているのにゴルフ場でラウンドしているとグリップが緩みやすくなってしまうのでしょうか。

常識的に考えたらゴルフでは力んで力が入りそうな感じですが、柔らかく打とうと頭の中で意識しすぎた結果、それが緩みに繋がってしまうのではないかと考えられます。

実はアプローチの中でもランニングアプローチは若干いつもより強めにグリップすることがザックリを防げるのです。

ランニングアプローチはゴルフのスイングの中でも手首を使わないので、手首を固定した意識の練習方法が効果的になります。

ボディターンのみで打つ練習方法

このゴルフのスイングは手首同様に腕もあまり意識して使ってはいけません。

体の回転だけで距離感を打ち分けるような練習方法が良いと思います。

練習方法としてはパターのイメージが最適かと思いますが、ゴルフボールの置く位置が異なり多めのハンドファーストがポイントですのであくまで練習方法のイメージだけです。

体の回転を意識した練習方法はゴルフの基本ですが、アプローチやパターは上半身の回転を特に意識した練習方法が有効でしょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大