シャンクを治すゴルフ練習方法

samazamana
ゴルフをしているとある日突然シャンク(ネックに当たる)が止まらなくなり治らなくなると言う事がたまにあります。

特にゴルフ場でラウンドしている時に限ってこのミスが起こり、しかも連発するためにスコアがボロボロになってしまうなどと言ったケースも良く聞きます。

練習方法に特に問題も無くアドレスも正しいのにシャンクしてしまうため、練習方法そのものを変えて逆にゴルフを悪化させてしまうと言うことがあるので修正する練習方法に気をつけて治しに入りましょう。

インサイドアウトに降りぬく練習方法

シャンクの原因の一つにゴルフクラブの軌道がアウトサイドから降りてきてしまい結果ヘッドのネックにヒットしてシャンクしてしまう事が考えられます。

シャンクがゴルフのミスの中でも性質が悪いのは先も言いましたように練習方法は間違ってないという点です。

プロゴルファーでもゴルフの試合中にシャンクが止まらなくなりグリーン周りを一周してしまうなんて事もあるくらいですから。

ゴルフのラウンド中にシャンクが多くなるのは本番だとボールを見すぎてしまい、体の動きが止まり体重が右足に残り気味になるため、アウトサイドからゴルフクラブが降りてきてしまう事も考えられます。

これらを改善する練習方法はインサイドアウトに降りぬく感覚と体の動きを止めない状態にするのが一番良い練習方法ではないでしょうか。

ハンドファーストを意識した練習方法

言いましたとおりゴルフでは体の動きが止まりかけるとインパクト時に手の位置が体の中心に来てしまうのです。

これを改善する練習方法はスムーズな体の動きの流れを止めない事とハンドファーストを常に意識したスイングで練習する事です。

シャンクが出たらアウトサイドから降りてきていないか、体の動きが止まっていないかを確認するのがスコアを落とさないためのゴルフの秘訣です。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大