球が捕まらない病を改善するゴルフ練習方法

samazamana
ゴルフは球を捕まえる事がとても大事ですが、これも基本的な練習方法が出来ていれば球が捕まらないと言った症状はゴルフでは起こりづらいのですが、ドライバーでは逆に起こりやすい症状ですので、もう一度ゴルフの基本に立ち返った練習方法を実践してみましょう。

体の開きを防ぐ練習方法

球が捕まらない時のゴルフのスイングはクラブがアウトサイドから降りてきているように感じます。

これは間違ったゴルフの練習方法で無意識的にアウトサイドから降りてきていると言うよりも特にドライバーなどでは体の開きが早くなってしまう事が考えられます。

アイアンのゴルフスイングと違い大きなモーションでアッパーブローに捕らえるためどうしても肩が開いた状態でインパクトを迎えるため球が捕まらなくなり、最悪スライスとなって大きく外してしまいます。

ゴルフにおいて肩の開きを抑えた捕まえるショットを打つ練習方法としてはインパクトで体が正面、あるいは若干まだ右に向いている状態で
インパクトする感覚が必要となります。

それにはゴルフのスイングテンポをスローにしなければダメと言うことに気付かれると思います。

この練習方法はドライバー特有の振り急ぎと大振りになる傾向を改善する効果もあります。

インサイドのイメージで降る練習方法

インパクト時の体の向きを意識した練習方法でゴルフのスイング感覚が大分改善されたのではないでしょうか。

特にアウトサイドから降りてきていたゴルフクラブがインサイドから振り降ろされて来ていると思います。

この練習方法では極力体重移動は大きくし過ぎない方が改善の効果は高まりますので、球が捕まるショットが打てるようになったのを実感してから次第に大きなスイングに調整して行くのが良いと考えます。

球の捕まったボールは弾道が違います、
ゴルフのレベルが一歩上がるこの練習方法を是非覚えておいてください。