ゴルフでのトップを直す練習方法

samazamana
ゴルフでトップするミスが多いと言った症状はダフりよりも遥に良いミスだと思います。

ゴルフの正しい練習方法をしている場合にこのトップのミスが一番多くなるからです。

しかし根本的な原因が他にある場合矯正しなくてはいけませんので練習方法について説明します。

まずミスする原因は主に2つの事が考えられます。

ダウンブローに打ち込めていない

②体が上下運動をしてしまう2点です。

どちらもゴルフではあまり良くないスイングですね。

ダウンブローに打つ練習方法

これはすくい打ちまでは行かなくてもゴルフクラブがハンドダウン状態でインパクトを迎えている場合ゴルフではトップが出やすくなります。

基本の練習方法に従いハンドファーストを維持したままボールの先をえぐり込むようなゴルフのイメージでスイングをする練習方法が効果的だと思います。

ヘッドアップを直す練習方法

ゴルフはスイング中上下運動は極力避けたいものですが、ヘッドダウンがダフりを引き起こすのに対してヘッドアップはトップをしやすくなるのです。

インパクト前に頭が起き上がりゴルフクラブの軌道が高くなるためにこのミスは起きますが、効果的な練習方法としては下半身の踏ん張りを強くして腰の高さを一定にしてゴルフをする事です。

特に叩きに行こうとしたり全般的にゴルフが振り遅れ気味の症状がある方はこの練習方法は適しているかと思います。

出来る限り上体の伸びを抑えるために下半身をいつも以上に踏ん張って頭の高さを変えないでスイングする練習方法はトップには即効性があります。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大