引っ掛け球を矯正するゴルフ練習方法

samazamana
これはゴルフの中でも厄介な症状であると共に
引っ掛け始めるとありとあらゆるミスも併発してしまうので
早めに矯正する練習方法で直したほうが良いです。

その名の如くゴルフボールを左に引っ掛けてしまう症状ですが、
これもゴルフのラウンド中ある意味スライスよりも厄介なミスショットで
なかなかゴルフ場の現場では修正できなくなってスコアを悪化させてしまう状況があります。

これを矯正するにはゴルフクラブの軌道を改善するような
練習方法が必要となりますので覚えておきましょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

インサイドアウトに振る練習方法

ゴルフで引っ掛けが止まらない場合、
ゴルフクラブの軌道がアウトサイドインで降りてきている可能性があります。

このような状態の時はゴルフクラブを
インサイドアウトに振る練習方法が効果的だと感じます。

私がこの症状に陥っていたのはどちらかというと
フラットにダウンスイングに入ってきてインに抜けるのが原因でした。

つまりゴルフのインパクトゾーンが目標より
左の角度を向いてしまっている状態です。

基本となる練習方法を思い出してみて軌道が正しくなるようなゴルフスイングを心がけましょう。

引っ掛かってフックする症状を直す練習方法

これはゴルフにおいて致命的なミスショットです。

ほぼOBは確実となるミスショットなので
至急改善する練習方法で矯正しましょう。

特にドライバーでは引っ掛けは厳禁です、
上半身と腕に力の入ったスイングをするとこのようなミスが多く発生してしまいます。

切り返しから焦って振りかぶらない意識を持った練習方法がゴルフでは大切です。

本番では深呼吸して落ち着いてからアドレスに入るのが良いと思いますが、
切り返しで体が突っ込んでしまうのも原因だと考えられるので
基本となる練習方法をもう一度繰り返してみてください。
ゴルフ場での本番でこのミスを繰り返さない為には直線的な軌道をイメージした練習方法は効果的です。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする