フックボールを矯正するゴルフ練習方法

samazamana
通常ゴルフではスライス系のボールは出てもフックが直らなくなると言った症状は少ないと思いますが、自分自身このフックに悩まされる日々がありました。

ゴルフ雑誌やティーチングプロの練習方法にはスライスを矯正する練習方法は必ずと言っていいほどあるのですが、フックを矯正するような練習方法はほとんど見かけなかったので試行錯誤を重ねて調整をしていました。

ゴルフをしているとフック系の球に憧れる方は多いと思いますが、曲がりすぎるフックボールはゴルフではとても危険な症状だと感じます。

直線的なフォローを意識した練習方法

ゴルフでフックが出やすい原因としてはゴルフクラブがインサイドアウトに降りてきているか、またはハンドダウン気味にインパクトを迎えているかがほとんどではないでしょうか。

インサイドアウトを矯正する練習方法はより直線的にバックスイングを始め決して体に回り込むようにテイクバックを始めない事です。

フォローも直線的に振り抜くためには軌道をストレートにする練習方法が必要になります。

私の場合はゴルフクラブがハンドダウン気味になってしまう事があったのでインパクトの際ヘッドが被りフック回転になってしまうのが原因でした。

ハンドファーストをキープする練習方法

ダウンスイングでゴルフクラブが手より先行してしまいハンドダウン気味になると当然ゴルフボールにサイドスピンが掛かりフック回転が出てしまいます。

これを矯正する練習方法は常にハンドファーストをキープした状態でスイングする事を心がける事です。

特にショートアイアンでフックボールが出るのはクリーンに球を捕らえにいこうとするあまりボールに合わせに行ってしまう傾向があるのが原因のようです。

この時、ゴルフ場の芝生のターフはあまり削れないのが特徴ですのでしっかりとハンドファーストキープしたままダウンブローに直線的にターフを削るようなゴルフのイメージの練習方法が有効でしょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大