ドライバーのスライスを矯正する練習方法

samazamana
手の甲を意識した練習方法

ゴルフでもっともスライス回転がかかりやすいのはドライバーです。

アイアンは真っ直ぐ打てるのにドライバーだけスライスがかかってしまうと言う方を多く見ます。

正しいゴルフの練習方法で練習しているにも関わらずスライスしてしまうのはドライバーの宿命と言ってもいいでしょう。

ドライバーの練習方法で大切なのはスイング中、手の甲を意識したゴルフをする事です。

トップからダウンスイングに入り腕が地面と垂直になった時に左手の甲が空を見上げていればそれはフェースが開いている事を意味しているのでインパクトで擦ってしまいます。

良い矯正の練習方法としてはダウンスイングの時に手の甲で薪を割るように縦にチョップするようなイメージ打つ練習です。

ゴルフのスイング中に手の甲を意識すると言うのは中々難しいと思いますので、左手でチョップするようにダウンスイングをするとフェースが開きにくくなり効果的な練習方法だと思われます。

ドライバーでの振り遅れの矯正法

ゴルフのスイングは力めば力むほど先に体が開いてゴルフクラブの振り遅れを発生させます。

これもスライスに繋がる大きなミスなので修正する為の練習方法で直しましょう。

単純に力みを無くしてゆったりとスイングする事でこの症状は改善しますが、左脇が緩くなってしまっている場合のゴルフクラブの振り遅れである場合、切り返しで左脇を締め付けてインパクトからフォロースルーまでしっかりと振り抜く練習方法が有効的です。

フックボールで矯正する練習方法

どんなに正しい練習方法でストレート球を打ってもスライスしてしまう方はフック系のボールを打つ練習方法などもゴルフでは効果的でしょう。

ゴルフでは球を捕まえる感覚が必要ですがドライバーでこの捕まえる感覚を磨くにはフック系の練習方法で強引に矯正してしまうやり方もあります。

ゴルフでドライバーを練習する以上、スライスとは永遠に付き合っていく覚悟で何時でも対処できるように練習方法の引き出しを多く持っておきましょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大