スライスを矯正するゴルフ練習方法

samazamana
このスライスはゴルフをする者にとって一番メジャーな悩みなのではないでしょうか。

そもそもゴルフのクラブとスイングの構造上、長いクラブになればなるほどスライス回転が掛かりやすくなるように出来ているのですから。

矯正する練習方法も様々ですが、何が原因で擦り球が出てしまうのかを考えなくてはいけません。

ゴルフクラブの中でもショートアイアンでスライスが出るゴルファーはあまりいないと思いますが、ロングアイアンからドライバーにかけてはかなりの方がスライサーなのではないでしょうか。

ここではロングアイアンとドライバーを中心としたスライスを矯正するゴルフの練習方法を覚えましょう。

ロングアイアンのスライスを矯正する練習方法

なぜゴルフではロングアイアンはスライスになりやすいのか、これはアドレスした時からボールが左足に寄っているため正しい体重移動がされていないとアウトサイドインの状態でゴルフクラブが降りてきてしまうため、ボールを擦ってしまうのが考えられます。

これを矯正する練習方法にはしっかりとゴルフクラブを目標方向へ直線的に振るイメージでスイングする練習方法と、しっかりとした体重移動を意識する練習方法がゴルフでは効果的だと思います。

前者の練習方法はインパクトゾーンを真っ直ぐ削り出すイメージでゴルフスイングをする事が大切です。

スライサーの方は球を捕まえた感触が薄いと思われますので、しっかりと球を捕まえる事を心がけましょう。

後者はスエーになっていない事が大前提です。

右足を踏ん張る力と切り返してからのキックを意識した練習方法ですが、ゴルフの基本となる体重移動の練習方法でもう一度確認してみてください。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大