手打ちを矯正するゴルフ練習方法

samazamana
ゴルフを始められたばかりの方はほとんどが手打ちの状態になっていると私は思います。

体の捻転を使ったゴルフ感覚がまだないからだと思いますが、練習方法が定まらないまま漠然とゴルフクラブを振っていると手打ちがクセになり染み付いてしまいます。

長年ゴルフをやっていても調子の悪いときは手打ち気味になっている時などもあります。

手打ちを強制する練習方法は、より体のターンを最優先に意識したスイングを心がける事です。

特にバックスイングに入る時の手の動きには意識せず勝手に体に付いてくるようなイメージで十分です。

これがゴルフでは大事な基本的な動きであり、練習方法だと言う事をもう一度思い出してみてください。

かなり重症な手打ち矯正の練習方法

なにをやってもどうスイングしてもゴルフが手打ちになってしまう方は思い切った思考のチェンジが必要だと感じます。

このような症状のゴルファーの多くはバックスイングで手でひょっこり上げてくようにトップまで持っていくため、トップの時の腕の三角形が崩れている場合が多々あります。

さらに体の軸から大きく逸れて腕の三角形が体の正面に来ていない事もあります。

腕が体の正面から横方向に動いてしまっている証拠です。

これでは良いゴルフスイングは望めませんので体を中心にした振り子の動作をイメージした練習方法で矯正します。

ゴルフクラブは持たずに手をぶらんとさせて振り子を意識して体を捻転させる練習方法ですが、効果的だと思います。

腕はゴルフクラブの一部だと思い腕を体の動きに合わせてムチのように振るイメージで繰り返してください。

この時、腕に力を入れては絶対にダメです。

この練習方法の趣旨はボディターンでゴルフクラブを振るイメージングを植えつける矯正方法ですので腕を使う意識は持たないことが肝心です。

実際の正しいゴルフスイングではこれくらい腕を使わないで打つ感覚なので、この練習方法の趣旨を理解した上でゴルフの矯正練習をしましょう。