より高いロブショットを打つゴルフ練習方法

approach
ピンの左45度を狙う練習方法

ゴルフの中でもロブショットは難易度が高いですが、使いこなせるようになるとゴルフの幅がグっと広がります。

通常のロブショットでもゴルフショットの中では相当高い弾道で打ち上げますが、さらに高い弾道を打つときの練習方法です。

ゴルフ場のグリーンエッジなどギリギリに切ってあるピンの時などにピンの真上から落とすように打ち上げランをほとんど出さない練習方法ですが、目標であるピンにフェースを合わせますがスタンスから肩と腰のラインまでピンの左45度ぐらい左に向く形でアドレスします。

ゴルフのアドレスの中でも極端なアドレスでの練習方法となります。

ボールの位置は左足土踏まずの辺りの延長線上で通常よりも左の位置にボールを置く事によりボールが高く打ちあがります。

高弾道ロブの良い練習方法

通常のロブショットのアドレスよりもヘッドが先行したかなりハンドダウンの状態になるのが正しいアドレスです。

ゴルフスイングはスタンス通りにアウトサイドインの形になりますが、ロブショットの場合ゴルフの中でもフルスイングに近いショットで打ちますのでコックを多用し、躊躇なく振りぬく事がこの練習方法で大事な事です。

もう一つこの練習方法で大事な事はゴルフクラブのフェースが常に空を見上げた状態であるかと言う事です。

ゴルフ練習場で素振りで何度も確認して実際のショットをしてみてください。

フェース面の角度を意識しながら常にフェースが空を見上げた状態になってる事を意識しながら練習する事が大切です。

インパクトまでボールを意識した練習方法

このショットで大切な事は体が上下運動をしない事です。

万が一トップでもしようものなら隣のホールまで、いや隣のゴルフ場まで飛んでいってしまうかもしれません。

頭の上下運動は極力しないようにしっかりとボールの側面を意識しながらインパクト時にヘッドアップしないような練習方法が効果的になります。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大