目標を確実に捕らえるゴルフ練習方法

approach
ゴルフのセットアップを極める

普段ゴルフ練習場で練習する時間が少ないゴルファーの方はアプローチの練習が絶対的に足りていないと感じます。

通常のゴルフスイング感覚のイメージのままの練習方法で打っているので、ピッチショットなどのテイクバックでアウトサイドに引いてくる感じが掴めないのです。

このイメージを強く意識する練習方法はセットアップをもっと単純明確化することがゴルフでは必要ではないでしょうか。

計算できるピッチショットの練習方法

通常のピッチショットのアドレスだとボールの位置が左足寄りになり、普段のゴルフ練習で目標を線で捕らえるイメージが無くなってしまう方は、フェースの開きは通常通りで肩と腰のラインで打てる練習方法があります。

ボールの置く位置は通常通りの左足寄りで構いませんがフェースを少し開き気味にグリップし手をハンドダウン気味にセットアップします。

肩と腰のラインは飛球線に平行に構えたまま左足を下げればセットアップ完了です。

この練習方法ではスイングは足のスタンス通りにスイングされますが肩と腰のラインが平行なので目標への線を意識する事ができるのです。

ゴルフの練習方法を見直してみる

ピッチエンドランはゴルフのゲームの中で非常重要なアプローチショットです。

ゴルフのラウンド中に使う頻度はかなり多いといっても良いでしょう。

ピッチエンドランの基本的な練習方法で一通りマスターされたとは思いますが、確実に目標を捕らえることが出来ますか?

バックスピンはかかってますか?

今まで20ヤードごとに打ち分けていた距離感覚をもう少し精度の高いものにするため練習方法を見直してみても良いと思います。

ゴルフではアプローチを極める事はゴルフを制すと言っても過言ではありません。

練習方法に狂いは出てきていないかを確認する事もゴルフを上達させるコツとも言えます。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大