フェードボールの練習方法

tamanoutiwake
ゴルフではスライスと聞くと多くの方は嫌なイメージを抱くと思いますが、意図的に打つスライス系の球との決定的な違いに飛距離があります。

いわゆるミスショットをして擦り球が出た時のスライスは球に勢いがなく、弱々しく右に反れていってしまうゴルフにおいて誰もが一度は悩むお馴染みの球筋ですが、フェードボールは球を捕まえるため力のないスライス球とは違うのです。

スライス系の球を打つ練習方法はゴルフでもフック系の球を打つ練習方法より比較的易しいのですが、振り遅れによるスライスではなくしっかりと球を捕まえる練習方法が必要となります。

さらにフック系よりもゴルフボールにバックスピンが掛かりやすいため球がキャリーしてからのランがあまり出ませんのでグリーンを狙う場合などに意図的に打つ事があります。

最近のゴルフ界ではドローボールにも負けない飛距離を出すパワーフェードなども流行って来ています。

アドレスの練習方法

フェードボールを打つ時のアドレスの練習方法ですが、これはフック系の球を打つアドレスと逆の形になります。

つまりゴルフのアドレスを取る際、左足を下げるのでドローボールの時とは逆になりますが、ゴルフクラブのフェース面は目標に向けています。

無論打ち出し方向はスタンス通り左方向へ打ち出され右回転しながら目標にゴルフボールが落ちるという事です。

スイングの練習方法

通常のゴルフの基本的な練習方法では飛球線に沿ってスイングをしますが、フェードボールにおいてはカット軌道になる練習方法が必要です。

よってバックスイングはアウトサイドにゴルフクラブを引いてくるような感覚になりますが、あくまで擦るイメージを持たない練習方法が効果的です。

球をしっかりと捕まえる感覚は通常のショットと同じになります。

ゴルフのイメージ的にはアプローチショットの感覚にも近いのでスライス系の球を打つ練習をする際はアプローチの練習方法なども積極的に組み込んでいくのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大