ゴルフでの頭の位置

golf-driver
ゴルフで頭は動かさない練習方法は×

ゴルフでは何度も言いますがゴルフの雑誌やレッスン本などではしきりに頭は動かさない練習方法が今でも書かれています。

プロゴルファーのスイングや練習方法を見ていても「頭は動いていない」と言われていますが機会があったらゴルフの試合中継や連続写真等で実際によく見てください。

頭をその場に固定した状態で打つ練習方法でゴルフスイングを実践するとスイングアークが小さくなるだけでなく体まで固まってしまうのです。

頭が動いてないと言われているプロゴルファーは頭が動いてないのではなくてそう見えるだけなのです。

しっかりと体重移動が出来ていればゴルフでは頭は必ず動きます。

頭を固定してスイングするのではなく、頭はスイングする体に合わせる練習方法が肝心です。

振り子のイメージで振る練習方法

ゴルフでは頭は固定されていないと何度も言いましたが、例えば振り子を振る手は少なからず動いていますよね?

微量ですがゴルフも支点は必ず動くものなのです。

ゴルフで重要なのがこの振り子の動作を身に付ける練習方法ですが、特にドライバーだと思いきり打ちにいってしまいがちなので、振り子の要領で素振りをする練習方法がオススメです。

ゴルフクラブが最下点を越えた辺りでヘッドが走る感覚が分かるはずです。

フォロースルーではクラブごと目標方向に放り投げるイメージでスイングしても良いと思います。

それくらい腕に力を抜いた状態がゴルフでは一番ベストなスイングなので、とにかく力みを無くして振り子のイメージで振る練習方法で練習するのがコツです。