左肩がポイント

golf-driver
左肩を意識した練習方法

ゴルフの中でもドライバーでは特に体の捻転を重視した大きく振るイメージでの練習方法は大事ですが、ゴルフで勘違いしてはいけないのが「大きく振る」とは「力一杯に振る」と言う事ではありません。

大きく振るのに必要な練習方法で大切なのはイメージはゆったりリズム感良くスイングすると言う事です。

重心移動も他のゴルフクラブよりも大きい感じにもなります。

前にも述べましたようにアドレス時に左肩が異様に上がってる方を良く見かけますが、ドライバーに限らずゴルフでは左肩の動きはとても大事な要素となりますので、出発時のアドレスの段階で正しい左肩がセットされていなければ、スイングも正しいものにはなりません。

バックスイングの練習方法は左肩肩甲骨から入ると言いましたが、テイクバックの時しっかりと左肩の捻転を感じるくらい意識しても構いません。

正しく左肩が捻転する練習方法で効果的なのは決して平行に移動するのではなく、しっかりとアゴの下に入り込んでくる感覚が大事になってくるのを覚えてください。ゴルフスイングで正しい捻転動作をするとスムーズに左肩はアゴの下に来るはずです。

左肩でヘッドの感覚を感じる練習方法

正しい練習方法のイメージは左肩とゴルフクラブのシャフトが一体感になっている感覚がベストだと思います。

ゴルフクラブのヘッドを左肩で感じるくらいになればしめたものです。

ドライバーに限らずゴルフでは安定したショットを打つ秘訣となる練習方法は、スイングのタイミングやテンポもすべて左肩主導で行う事が肝心になるのです。

それくらいドライバーでのゴルフの練習方法では右肩、右半身を意識していないのです。

特にゴルフにおいてドライバーでは右手を強く使うとダウンスイングからフォロースルーまでにかけて左腕の抜けるコースを妨げてしまい
フィニッシュまで振り切れなくなるので、左肩左腕手動の練習方法をしっかり意識して練習しましょう。