ゴルフ練習時のアドレス

address
基本的なゴルフのアドレスとの違い

ゴルフの基本的なアドレスの作り方の練習方法を覚えました。

実際にはクラブごとの練習方法ではボールの置く位置が異なるので両手は体の中心にあるわけではないのです。

ここでゴルフの練習方法を勘違いしてはいけないのは両手は中心では無いですが、体の軸は常に中心にあるようなイメージを持つことです。

ドライバーのようにシャフトの長いクラブになるに従いボールは左足に寄って行きますが、スタンスの中心より右にボールを置くような練習方法は一部特殊な打ち方を除き、ゴルフではまず無いと覚えておいてください。

番手ごとのゴルフのアドレス

ゴルフのアドレスではサンドウェッジがほぼ体の中心延長線上にあり番手が一つ上がる毎にボール約1個分づつ左足の方に寄って行きます。

ドライバーで左足つま先、もしくは土踏まずの延長線上にセットします。

ここでまず驚いたと思われる方がいるかと思いますが、ゴルフではウェッジやアイアンは上からダウンブローに叩きこむ感じの練習方法になりますが、フェアウェイウッドやドライバーなどの練習方法はクラブヘッドが最下点か、あるいは通過して上昇しかけた所でインパクトするアッパーブローのような形になるからです。

どちらの練習方法もまったく違ったスイングになるわけではなく、ゴルフのスイングの感覚は同じなので勘違いしないようにしましょう。

ハンドファーストのイメージング

説明した通りゴルフではウェッジとアイアンは上からダウンブローに叩き込む練習方法でスイングするのでヘッドより手が右になることは(右利き)ありません。

特にアイアンの練習方法では上から叩きこむイメージがとても大切になってきます。

大抵の初心者の方はボール一点に集中しすぎて、いわゆるすくい打ちのようになってしまうので、ゴルフヘッドより手が先行して打つ練習方法が必要になります。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大