ゴルフにおける基本的なグリップの確立

address
左手のセットアップの練習方法

セットアップの練習方法ですが、まずアドレスを取ってゴルフクラブを持つ時は出来る限り左手からグリップします。

プロゴルファーは右手からクラブをセットして左手のセットアップを行う人が多いのですが、これは右手のポジションとフェース面を打ち出し方向に正確に合わせるためにやっている動作ですので、ゴルフでは一般的には左手からセットする練習方法から始めましょう。

先に言った小指と薬指でグリップエンドが緩まない強さで握り左手の薬指の甲が見えるくらい右に軽くネジってセットします。

親指の位置はプロによって様々言われていますが、グリップの真上に乗せてはゴルフでは絶対にダメです。

グリップの右に親指を乗せて左手のセットアップは完了です。

正しい練習方法を何度も繰り返して覚えましょう。

右手のセットアップの練習方法

左手が完了したら右手のセットアップの練習方法ですが、これも薬指のみ力が少し入りますが、全体的に左手に添える程度と考えるのがゴルフでは大事なのです。

順序としては小指から薬指と握っていきますが、人差指と親指は力を入れてはダメです。

親指のポジションですがこれもグリップの左側へ乗せるイメージで、握ると親指と人差指の間のVの字が右脇に向くのがお分かりになると思います。

右親指も真上に乗せてはゴルフでは絶対にダメです。

ゴルフでは手のひらより指で掴む感覚が大切になります。

これで両手のセットアップの練習方法を覚えましたね。

力を入れないための練習方法

ゴルフのクラブを握る強さが弱いとクラブがすっぽ抜けてしまうのではないか?と言う不安が出てくると思いますが、大丈夫なのです。

このように力を入れないで握る練習方法がとても後々大事になってきます。

逆にグリップの力が強いと手首が硬くなりスムーズに手首が反らなくなるので手の動きがギコちなくなり、スイング中不安定になってしまうのです。

ゴルフクラブは硬い棒ですが、イメージとしてはムチだと思ってください。

ムチを握る手に力が入るとムチの勢いにブレーキを掛けてしまうのです。ゴルフを練習する上でこの感覚を磨く練習方法は重要なので覚えておきましょう。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大