練習場でもルーチーン

situation
練習場でボールを打つとき、特に自動的にボールがティーアップするようなシステムだと、つい同じアドレスのまま次々とボールを打ってしまいがちです。

確かに何球か続けて打っていると、だんだんとナイスショットになることがありますが、これは要注意です。

実際にラウンドするときは、どんな場所からでも1球が真剣勝負になります。

もし、そこからもう一度打てるとすれば、それはOBなどで既に一度失敗してからの打ち直しです。

ほとんどの場合、使うクラブも打つたびに違います。

つまりゴルフのラウンドでのショットは、いつもそのクラブでの第1ショットだけということになります。

同じクラブで、同じスタンスから何球も続けて打っていると、当然慣れてきて、だんだんとうまく打てるようになります。

何球目かにナイスショットが出ても、それはコースでのラウンドでの実力にはなりません。

常に、手にしたクラブの第1球目にちゃんとしたショットが打てるようにならないと、残念ですが実際のスコアアップには繋がらないわけです。

水平な練習場でもそうですから、ましてやゴルフコースは全くといっていいほど水平な場所では打てませんので、ますます成功率は悪くなります。

「練習場ではうまく打てるようになったのに、コースに出ると全然ダメ」という場合のほとんどは、練習場での何球目かのナイスショットのイメージで勘違いしていると言えます。

練習場ではできるだけ、1球ごとにルーチーンから繰り返しましょう。

ボールの後ろに立って、目標の方向を確認し、ボールの近くに目印を見つけ、打ち出しのラインを決めて、それに沿ってスタンスを確認しながらアドレスする一連のルーチンの動作を、スイングと同じように毎回同じリズムでできるように繰り返すことが重要です。

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大

ishikawa-ryo.netレクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
ishikawa-ryo.netレクタングル大